温かみのある雰囲気の方が集客につながりやすい

街中を歩いている時にふと見てみると、そのお店ののれんが
手書きのような文字が書かれていたことはありませんか。

明らかに機械的な文字が書いてあるよりも温かみのある雰囲気がして、
そのお店に入ってみたいと思ったことがあるかもしれません。

手描きのれんの良さ

実際に興味が湧いて、そのお店を利用したことがある人は
かなりの数にのぼる可能性だってあります。

それだけ、雰囲気作りがとても重要だと言うことです。

のれんに手書き文字を印刷することができますので、
自分でお店の名前などを書いてそれを使ってみると良いかもしれません。

自分の文字はあまり上手ではないので自信がない人もいるでしょう。
そう言うことであれば、周りにいる人に頼んでも良いです。

必ずしも綺麗な文字である必要はなく、味があるのならばそれで十分です。

温かみがあるかどうかが重要なので、機械が書いたような雰囲気に
ならないようにすれば良いでしょう。一人でも多くの人に来てもらいたいですし、
のれんからそのお店の雰囲気の温かさを伝えてみませんか。

もちろん、お店の外観全体の問題も重要です。単にわかりやすくするだけではなく、
近くを通った人が少しでも多く興味を持てるようなデザインしてください。

親しみが感じられることがポイント

機械を使って書いた文字が書いてあるのれんはたくさんあります。
街中を歩いていると、たくさんあることがよくわかるはずです。

そうすると、あまり目立たなくなっているとは思いませんか。
どこのお店も目立つ色を使っていますし、そうなると色だけで
目立たせることが難しくなってしまうかもしれません。

全く効果がないわけではありませんが、より多くの人に興味を持ってもらう工夫が必要です。

自分や自分の周りにいる人が書いた文字をのれんに使えば、目立つようになるはずです。
親近感を演出するのにもってこいではありませんか。

温かみを感じますし、あまり綺麗な文字ではない方がかえって味わいがあるので
近くを歩く人たちが、ぜひ利用したいと思うようになるかもしれません。

周りに埋もれることもなくなって、多くの人に気付いてもらえます。

目立つことが重要なのれんをどうやって活かすのかを考えてみてください。
色合いでわかりやすくするだけではなく、味わいのある文字で
親近感を演出すると途端にお客さんの入りが違ってくる可能性もあります。

親近感の演出

見た目はとても重要で、見た目の印象で利用するかどうかを決める人が多いです。
だからこそ、手書きの文字を使ってみてください。

 

ページのトップへ戻る